葬儀というのは、宗教によって儀式の方式も異なり、また日本全国で様々な形式があるため、地域や家庭によってそれぞれ異なります。

千葉の葬儀についても同様であり、昔ながらの風習を取り入れた千葉ならではの葬儀の特徴もあります。

千葉といえば、幕張の様にオフィス街があったり、東京方面にもアクセスしやすいという地域柄、他の地域からの人の出入りが増えている傾向にあり、新興住宅地も増え、地元民以外の住人がかなりいます。

●参考リンク>>千葉葬儀プラス

都心に比べて、不動産のリーズナブルな地域も多く、若い世代の所帯にもマイホームを手に入れやすいことなども助けとなっているでしょう。

よって、ここ最近では千葉の葬儀も少し変化が見られる様になってきました。

それは葬儀の都市化です。

葬儀というのは、宗教や地域の風習などによって執り行なわれてきましたが、最近では通夜式と告別式と二日間で行われるのが主流となり、告別式後、火葬、拾骨後、初七日法要をまとめて行うというパターンが増えています。

都市化というのは、葬儀の簡素化に繋がっているといってもいいでしょう。

住宅事情やご近所とのお付き合い、親戚付き合いがかわりつつある現代社会において、致し方ないことであると考えられます。

葬儀の都市化が進むことで淋しいと感じる人もいるかもしれませんが、大事なことは残された家族が、納得して満足ができる最後のお別れができることです。

千葉の葬儀は、移り変わる住人やその他、住宅事情や経済的な面など様々な要因によって都市化が進んでいます。